旧なとり復興プロジェクト【概要】

ご挨拶

仙台空港のある宮城県名取市(人口7万人)は、東日本大震災により、死亡者・行方不明者がおよそ1,000名にのぼり、さらには閖上地区と下増田地区の住宅や店舗、工場などが津波によって流され、壊滅的な被害を受けました。

平成23年度名取市観光協会の事業の一環として、観光面から名取の復興を目指すべく、「なとり観光復興プロジェクト」という特別プロジェクト、総会で承認され発足いたしました。

なとり観光復興プロジェクトの1年間の活動が評価され、更に組織を強化し、平成24年度からは単年度事業ではなく、期限のない組織として、「復興部会」が作られ、プロジェクトの事業を引き継ぐことになりました。
復興部会では、プロジェクトで手掛けた、復興桜の事業を継続させる他、観光面より名取を復興させるための事業の企画、事業化を行っていきます。

“名取を復興させたい。ゆりあげの町をなくさない。”

まだまだ、続けます! まだあきらめない。
復興はこれからだから。

ページトップへ